« July 2004 | Main | November 2004 »

August 31, 2004

誰も知らない

「LOVERS」を見た同じ日に、「誰もしらない」を見てきた。
カンヌ映画祭で主演の柳楽優弥が主演男優賞を取って話題になった。

カンヌのことばかりが話題になるが、なかなか良くできた映画だと思う。

物語のほとんどは、子供たちだけで進行していくが、よくある子供をダシにした大人に媚びる映画ではなく、
ちゃんと4人の子供の心理描写もされており、なかなか奥深い映画になっている。

話題の柳楽くんは、確かに印象にのこる演技をする。これから努力すれば、いい役者になれると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2004

LOVERS

チャン・イーモウ監督の「LOVERS」を見てきました。
前作「英雄」のヒットを受けて、今作もいわゆる武侠映画です。

ストーリー的にはツッコミどころ満載ですが、いいんですよ、武侠映画だから。すべて許されます。
日本の映画ファンには分かりにくい感覚かもしれませんが、人が空を飛ぼうと、心臓に刀が刺さったまま長時間
生きられるのも、武侠映画なら許されるのです。武侠を日本語に訳すと「スーパーサイヤ人」です。

今作の最大の魅力はチャン・ツイィーでしょう。「英雄」では、なんのために出ているのかが分からないくらい活躍
しませんでしたが、今回はツイィーの魅力大爆発です。「初恋の来た道」や「グリーンディステニー」に匹敵すると
思います。

金城武は、まぁあんなもんでしょう。日本語でも広東語でも北京語でも、相変わらずモゴモゴしゃべります。
アンディ・ラウは、なんかイマイチな感じがしました。声も吹き替え(だよね)だし。

面白い映画でしたが、やはりイーモウには人間ドラマっぽい映画を撮って欲しいのが本音。「政治色が強い」って批判
されたことに対する反発もあるんだろうけど、彼本来の魅力はそこにあるわけだし。
チェン・カイコーが海外で失敗して(っていうか、ありゃ監督のせいじゃないけど)中国人監督として、どうしても興行的に
成功させないとマズイのだろうけど、このままじゃアタマの悪いアメリカ人には「中国人監督=アクション」としか
思われなくなっちゃうかもよ。
「紅いコーリャン」や「初恋の来た道」のような、魂に響く作品をもう一度。

ツイィーもアクション女優として評価が固まりつつある。マズイよ、そりゃマズイよ。
彼女は「アクション女優」なんて括りで終わる女優じゃないのよ。もっと幅の広い演技のできるのだから、いろいろと
チャレンジして欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | November 2004 »